== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

ユーロクラシコ2seclegとモウリーニョ

こんちジークルでする!

大阪でユーロクラシコ2secleg観戦会に参加させていたらきました!
みなはん、めっさ楽しかったでする ありがつん♪ <(_ _)>

試合は、1-1の泥でバルサが勝ち抜けを決めてしまったのでするがね(T_T)


クアトロ・クラシコでモウリーニョが散々に責められてまするね・・・・
モウリニスタのオイラとしては辛きところでする


以下モウリニスタとしてほざきまするww

今回のクラシコでするが、
バルセロナのフットボールは素晴らしいと正直思います。
でも、あのスタイルは即座に出来るものではなく長年熟成した
賜物で、現有戦力で結果を求められている監督としては、
卑屈だろうとライオンの前のネズミと云われようと今回の
戦術しかなかったと思います。
マドリーの大御所達は「伝統」や「格式」も持って勝つ事を
望んでいまするが、とにかく『勝ちにいく』という世俗を廃した
モウリーニョの姿に感銘を受けました。
結果負けたでするが・・・・ww


よくモウさんは「守備的」と言われまするが
モウリーニョのフットボールは、守備的でもなく
ただただ目指すところは勝利だと思いまする。
結果主義!リアリストです。

勝つために守備的な布陣が必要であれば躊躇なく守備的な布陣を強いる
現実主義に徹底していて綿密なフットボールだと思いまする。
なので、ポルトガル、イングランド、イタリアで4-3-3,4-3-1-2
とシステムを変えどこのリーグでも勝ってきた秘訣であり、
これを実践できどこでも結果を出せるのは偉大な監督だと思います。

監督とは「勝たせてなんぼ」雇われでするし、
「美しい敗戦」と「醜い勝利」
美しいフットボールをして毎回負けてたら喜ぶでするか?
満足でするか?耐えられまするか?
オイラは醜い勝利でも勝って欲しいでする!ww

ちなみにモウさんの戦績ですが、
公式戦500試合で335勝61敗104引き分けで、
以下の通りでする

ベンフィカ:11試合、6勝2敗3引き分け
ウニオン・レイリア:20試合、9勝4敗7引き分け
ポルト:127試合、91勝15敗21引き分け
チェルシー:185試合、124勝21敗40引き分け
インテル:108試合、67勝15敗26引き分け
レアル・マドリー:49試合、38勝4敗7引き分け


勝率は67%です!

数字だけみてれば凄いことだと思いまするよww


モウリーニョの態度は確かに多々やりすぎ感は
見受けられまするww
イタリア時代からそうですが、マスコミ対応の手段だと思ってます。
敵将や審判などを批判する時は、多分内部問題がありそれで
目をそちらにそらすメディアコントロールをよく使うのでww

「メディアに対する尊大な態度や挑発的な言動は賛否両論で、
興味や批判の矛先を自分に向けさせることで、選手を守るための
一種のパフォーマンスではないかとの指摘がある。」

と云われてまするが、

云われてる方は、たまったもんじゃありませんし
良い事だとは思いませんが、こういう舌戦も戦略のうちでするし
フットボールの一部だと思いまする。

でも、皆さんだって今まで10や20の嫌味は他人に吐いてきたでしょ?w



横柄、不遜、傲慢と云われていまするが、マイナスの部分を含めて、
オイラはモウリーニョに惹かれてまする♪  (≧艸≦*)


img_6d1e99937eee400a7392121be1e4a8e2319201.jpg


























スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:58:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://zeekl.blog133.fc2.com/tb.php/50-4f4582a5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。